特養と有料老人ホーム

老人ホームには大きく分けて二つあります。

 

特別養護老人ホームと有料老人ホームです。何が違うかといえば大きくいえば環境と値段です。

 

特別養護老人は別名特養と言われており、社会福祉法人や地方自治体が運営している老人ホームでかなり値段が安く〜15万円以内ですみます。
介護重度が高い方を優先的に入れており、入居希望が後を絶たないので抽選だったり介護者の今の状態などで優先して入れるそうです。
逆に有料老人ホームは個人経営が多く、老人ホームの費用の金額も15万円以上するのが平均です。
値段が高い分、一人一人の個室が準備されていたり、施設自体の環境もとても良いです。

 

今の方は大抵民間の方を利用せざるを得ないという状態です。

 

ただ、私の祖母がもし介護が必要になった場合でも私は民間に入れたいと思う程度には民間の有料老人ホームは設備が整っています。

 

また、特養は人気があるため、入れない可能性のほうが高いので民間を余儀なくされる場合も高いみたいですね。


このページの先頭へ戻る