トイプードルがほしい時期なのかしら

この何年かのことなのですが、年賀状に「家族が増えました」ということで
トイプードルの写真があるのが平均して2枚はあります。

 

結婚ラッシュも出産ラッシュも一段落した今、まさに「トイプードルラッシュ」状態。
これ、独身の人も結婚して夫婦で暮らしていても、小さい子供がいてもだから
どうやら世代的に「トイプードルがほしい」が蔓延しているのかしら?

 

実は私は子供の時に猟犬に追いかけられたことがトラウマになっているからか
どんなに小さな犬でも苦手。
だからそういう年賀状を見る度にゲゲッって心の中で思ってしまうわけです。
(もちろん良識あるオトナですから、面と向かったときには「かわいい♪」ってやります)

 

で、各家庭のトイプードルちゃん年賀状をならべてみると興味深いのが、
名前がかなりの確率で「ショコラ」か「ミルク」か「ココア」であることでしょうかね。
やっぱりトイプードルってほっこりとした暖かい茶色い生き物だからかしら?

 

子供がいるうちでは○○男か○○女(次男とか三女とかね)いうように、
立派に子供の一員として紹介してもらっていることでしょうかね。
子供がいないうちだと差出人にもトイプードルの名前があったりしますし。
来年以降はこちらも宛先に「ショコラちゃん」とか書いた方がよいのかしら?


このページの先頭へ戻る