母屋の現状を考えると家売却が適当か…

家売却をしたいけど、噂の中にはもっと高く売るつもりだったのに、かなり安く買いたたかれてしまったということもあるようです。

 

その理由の一つに物件の現状が非常に悪かったり、マイナスとなるような要因が潜んでいる場合が考えられます。

 

 

築何十年といった母屋となってくると、それだけ原価で売るのが難しくなってきますし、それだけ人を引き付けることができない建物だったりすると勝負どころが費用のみとなってしまうことだってあります。
では母屋がどうなっているとマイナス要因となりえてしまうのでしょうか。

 

もっともマイナス要素として高いのは補強が必要であったり住居としての欠陥が明らかに存在しているような場合です。

 

場合によっては、隠れた欠陥を内包していることもあるなど、価格に釣り合わない土地の広さなどがあった場合にもその可能性があります。

 

 

最も家売却だけにこだわらないのであれば取り潰した方が利益が大きくなる可能性もありますが、それだけ土地を純粋に売却するということの難しさもありますから、しっかりと家売却なのか不動産としての価値を重視した土地取引なのかは検討していくことが必要でしょう。


このページの先頭へ戻る