爆笑した年賀状

新年明けて、年賀状が届くのが楽しい。

 

年末の忙しい中で、バタバタと書いて、慌てて出す。
毎年の行事なのに、いつもバタバタになってしまう。

 

一人一人に言葉を添えて・・・。
子どもの頃は思いつくことがないと「お餅を食べすぎないようにね!」と書いたものだ。

 

 

みんなもそんな思いで出してくれたのかなと思いながら
ひとつひとつ目を通すのだけれども・・・。

 

本当に様々なモノを年賀状は届けてくれる。

 

まぁ!ここのうちの子ってこんなに大きくなったの?とか
えーーー!!このうち、また一人増えた!!などの驚きの気持ちがほとんどではあるけれど。

 

結婚して苗字が変わったとは、あらかじめメールやらで連絡来るから
年賀状で気付くことってあまりないけど
離婚は年賀状で気がつくことが多いなと思う。
「え・・・前の苗字で出しちゃった・・・」と新年からなんとも残念な気持ちにさせてくれる。

 

そんな中、きったない文字で
「また遊ぼうゼ!」と書かれた年賀状。

 

通信面に差出人の名前はなかった。
宛名面をみると、そこにも差出人の名前がない。

 

まぁ、小学1年生の息子宛のものだろうと宛名をもう一度見ると・・・

 

そこには主人の名前が書かれてあった。

 

このはがき
「キサマはだれだーーー!!だれなんだーーー!!」と旦那は差出人の推理。
息子は
「お父さんの友達って、バカなんだね!」とクールに対応。

 

その様子を見ていた私はお腹を抱えて大爆笑。

 

賑やかなお正月をありがとう!名無しさん!


このページの先頭へ戻る